League of Legends/セルフェーラ一族

Last-modified:

セルフェーラ一族とは

セルフフェラ(自分の陰茎を自分でフェラすること)ができそうなオーラを放つ人間、それがセルフェーラ一族である。

太古の神ゲイバーとガチペドスが生み出した種であり、セルフフェラが『できそう』という点を重視している。

一族の代表

野上・・・セルフフェラ界の王者、キングである。セルフフェラができそうな人間として認定された最古の人類。

オオガミ・ウーロンティー・ショウヤ・・・出会って即フェラ。セルフェーラの掟を破った者だが、その腕は確かである。

ユキウス・トポンホルト・・・2秒で絶頂に達する『モンスターマシン』!!!(シュッシュッシュッ)気づいた時にはあの世イきだぜ!!!!!!!!!!!!!!ウオオオオオオオオォォ
ビュッ
!!??!?

しんや・・・中学生の頃風呂場でセルフフェラを試みるが、お母さんに見つかってしまい、とっさにこの一言。

      『学校のみんなもやってるもん』

イカ・LS・ブライト・・・軟体動物のセルフェーラ。持ち前の柔らかさを生かし、通話中にセルフフェラの話になると必ずと言って良いほど喜んで語り出す。