プロインマーサッシ

Last-modified:

インタビュアー:今回はプロインマーの第一人者である、さっしさんに来ていただきました。

さ:オッスお願いしまーす!

この男の名はsassi_tnk。プロインマーである。プロインマーとは、真夏の夜の淫夢…もといホモビデオの語録を巧みに使い、人と会話することを生業とする、ネット戦士のことである。

イ:さっしさんは普段どのようなお仕事をされているのですか?

さ:ン!w学生です。

イ:へえ、ではどういった勉強をされてるのですか?

さ:あ?

さっしの顔色が変わるー…

さ:あのさ、返し方が違う。

イ:えっ…?

さ:学生?あっ…(察し)だろ、俺にインタビューするんだったら、そこらへん弁えろよ、マナーだゾ、

イ:? す、すみません…

さ:頭きますよ〜w

さっしの顔に、笑顔が戻るー…

イ:で、では、休日は普段何をやってらっしゃるのですか?

さ:イキスギィ!

!?

さ:えっ、そんなの関係ないでしょ

??

噛み合わない。

さ:淫夢ロケット…発車3秒前…

イ:さ、さっしさん!

さ:オンオンオンオンオンオンオン!

イ:っ…!

話をそらしているわけでは無い…この男、インム・コミュニケーションを取っているのだ。

さ:辞めたくなりますよ〜部活ゥ〜この辺にぃ、うまいラーメン屋の屋台、あるらしいんですよ、行きませんか?おっ行きてえなあ行きましょうよ、あっそうだ木村さあ、

さっしの必殺技、『1人空手部 性の裏技』が発動…!もう、誰にも止められないのか…

ここで、インタビュアーが、勝負に出る!

イ:免許証返してください、オナシャス!

さ:! イキスギィ!!!!!

実はこのインタビュアー、事前に淫夢について、調べてきていたのだ。

さっし、同志を見つけた!といわんばかりに淫夢語録を繰り出す。

さ:こ↑こ↓ はぇーすっごい大きい…まずうちさぁ、屋上あるんだけど…焼いてかない?

イ:あぁ〜いいっすね〜

さ:ピンキー姉貴、怖スギィ!ひで、ほんとひでw草生やすな!今日もいい天気!

このままこんなやりとりが続くと思っていた。しかしここでインタビュアーが地雷を踏む…!

イ:すいません!なんでもしますから!(何でもするとは言っていない)

さ:あ?

再び、さっしの顔色が変わる…!

さ:使い方がおかしい、お前、無修正本編見たことないやろ。

イ:えっ…

さ:おれはある。いつも見てる。お前、ホモガキやな。

この世界では、語録をきちんと使えない奴は、『ホモガキ』認定されるのだ。認定されてしまったら、もう終わり。一生ネットの晒し者…!!

さ:お前…ほんとひで。

この後…さっしがインタビューに応じることは無かった…