ゴミ項目/みっくんのオススメデジモン小説

Last-modified:

正義のハイテクメカ「ギロモン」

第1話
大輔「ああ~~ヒマだな~~~~~~~~」

???「ヒマならオレっちの仕事手伝ってくんね~か?」

ブイモン「敵かぁ!?」

ギロモン「いや、敵じゃァねーよ。オレっちギロモンってんだ!」

タケル「仕事って?」

ギロモン「オレっち悪いデジモンを排除するために旅してんだけどよ、今回の依頼はちょっとヤバそうでな、仲間がほしいんだ。」

ヒカリ「どうするの?」

大輔「やるっきゃねーだろ!!!」

伊織「どんな依頼なんですか?」

ギロモン「ビートランドにアルティメットインセクトモンというデジモンが現れたらしくてな、そいつがビートランドで昆虫型デジモン達を遊びで殺してるって話しだ。」

ヒカリ「ひどい・・・・。遊びでデジモンを殺すなんて・・・。」

京「そいつ・・・そんなにヤバイの?」

ギロモン「究極体のヘラクルカブテリモンも殺されたそうだ。そんなヤツにオレっち1人で勝てるわけがない・・・。」

ブイモン「オレ達でも勝てないんじゃ・・・・」

ギロモン「やってみなけりゃわかんねぇ!」

大輔「よし!ビートランドに行こう!!!」

省略・・・・・・・・・・

ギロモン「とうとう来ちまったぜ・・・」

タケル「いまさらひき返すわけにもいかない!」

大輔「行くぜ!!」

???「待ちな!!!」

みんな「ダレだ!?」

ゴホカブ「俺ん名はゴホンヅノカブテリモン!ビートランドへ行くのは
俺と戦ってからにしな!」

ブイモン「やってやるぜ!!!」

第2話
ゴカブ「こっから先へ行くのは、俺を倒してからにしな!」

ギロモン「貴様!アルティメットインセクトモンの手下か!?」

ゴカブ「そんな名前で情報がいってたか・・・。三文字たらねぇぜ・・・・アルティメッ
トインセクトキラーモン様だ!!」
      ↑↑↑
伊織「究極の昆虫殺し・・・・

ゴカブ「さぁ!俺とやるのか引き返すか!?」

大輔「やってあらぁ!!デジメンタルアーーーーップ!!!」

省略・・・・・・

フレドラ「ファイアロケット!!!」

シュリモン「草薙!!」

ティグモン「ゴールドラッシュ!!!」

ペガスモン「シューティングスター!!」

ネフェ「ロゼッタストーン!!!」

ギロモン「デッドリーボム!!!!!」

ゴカブ「・・・・・・弱っちぃ・・・・。」

ギロモン「な・・・・・!?」

ゴカブ「相手にならんな・・・・。」

フレドラ「無傷!?」

ゴカブ「一気に決めるぜ!フィフスメガブラスターーーー!!!」

みんな「うわああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」

ブイモン「くっ!」

パタモン「うわぁ!!」

パタモンは一瞬にして何者かに地中に引きずり込まれた!

タケル「パタモン!!」

地中ではすごい音がなっている!

ゴカブ「フィフスメガブラスター!!」

大輔「そうだった!地上にはコイツが・・・。」

その時地面が吹き飛んだ!!

パタモン「うわぁぁ!!」

タケル「パタモン!!!」

ゴカブ「まず・・・1匹。やるじゃねぇか・・・アースワームモン!」

アスワム「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

第3話
大輔「きたねーぞ!!」

ゴカブ「俺ひとりだなんて一言も言ってねーぜ!」

大輔「くっ!」

ギロモン「!」

ギロモンは地中に引きづり込まれた!

大輔「ギロモン!」

地面が吹っ飛んだ!

ギロモン「ふん!ザコめ!」

ゴカブ「ほう・・・・」

スティング「スパイキングフィニーーーーーッシュ!!」

みんな「一乗寺(くん)!!」

ゴカブ「ぬるい攻撃だな・・・」

大輔「ジョグレスだ!」

ブイモン「ブイモン!進化ーーーー!!!」

エクブイ「エクスブイモン!!!」

エクブイ「エクスブイモン!」

スティング「スティングモン!」

「ジョグレス進化ーーーーー!!!」

パイル「パイルドラモン!!!」

ゴカブ「何!?」

パイル「デスペラードブラスター!!!」

ゴカブ「ぐっ!!!」

大輔「やったか!?」

ゴカブ「たしかに・・・」

賢「なっ・・・・」

ゴカブ「さっきよりはマシになったな・・・」

パイル「くそう!エスグリーマ!!」

ゴカブ「だが・・・・まだまだだな・・・・」

パイル&大輔&賢「!!」

パイル「パイルドラモン!!ワープ進化ーーーー!!!!」

インドラ「インペリアルドラモン!!!!」

ゴカブ「な・・・何だとぉ!!?」

みんな「き・・・究極体!?」

インドラ「さぁ・・・反撃開始だ!!」

第4話
インドラ「メガデス!!」

ゴカブ「くっ!」

大輔「そーいやさっきから・・・・・・・ギロモンは何やってんだ?」

ギロモン回路「ピピピピピピ」

ゴカブ「フィフスメガブラスター!!!」

インドラ「くそう!」

ヒカリ「すごい・・・・・」

賢「インペリアルドラモンには決め手が欠けている・・・」

京「えっ!?」

賢「このままではよくても引き分け・・・勝つことはできない・・・」

京「そんな・・・私達に勝目はないの?」

ギロモン回路「ピピピピピピピピピピピピピピピピピ」

賢「あとは・・・・ギロモンにかけるしかない・・・・」

ギロモン回路「ピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピ」

インドラ「だああぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」

ゴカブ「・・・・・・・・・・(ニヤリ)」

インドラ「!!」

アスワム「・・・・・・・・・・・・」

インドラ「この野郎!まだ生きてやがったのか!!」

ゴカブ「ナイスだ・・・・アースワームモン!」

アスワム「・・・・・・・・・・・」

インペリアルドラモンはみうごきがとれない!!

ゴカブ「ポイズン・インセクツ!!!!」

大量の小型の虫がインペリアルドラモンに襲いかかった!!!

インドラ「ぐ・・・はっ!!」

ゴカブ「フィフスメガブラスター!!!!」

ギロモン回路「ピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピ」

インドラ「うわああああああああ!!!!」

どさっ!

大輔「チコモン!!!!」

賢「勝てない・・・・」

ギロモン回路「完了!」

ギロモン「ふう!データは十分集まった!!」

ゴカブ「?」

ギロモン「っしゃあ!マジでいくぜ!!!」

第5話
ギロモン「さあ・・・・かかってこいよ!」

ゴカブ「そりゃあこっちのセリフだろう!完全体の分際で・・・・」

ギロモン「なめるなよ・・・いくぜ!!デッドリーボム!!!」

ゴカブ「・・・・・・!?いない!!」

ギロモン「いまのは・・・ただの目くらましさ!!」

ゴカブ「!」

ギロモン「斬!!!!」

ゴカブ「ぐっ!!」

ギロモン「オレっちはそこらのギロモンとちがって爆弾とチェーンソーのどちらとも使えるのさ!」

ゴカブ「フィフスメガブラスター!!!」

ギロモン「バレバレだ・・・・」

ゴカブ「なっ!」

大輔「すげぇ・・・・」

ゴカブ「・・・・・・・(いいぞ!スキをついて動きを止めるんだ)」

アスワム「ぐおおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉん!!!」

ギロモン「オレっちはこっちだぜ!」

アスワム「!!」

ギロモン「読めまくりだ!」

アスワム「・・・・・・・・・・・」

ギロモン「そして・・・オマエの弱点は・・・・・」

アスワム「!?」

ギロモン「ここだぁ!!」

アスワム「!!!!!!!!!!!!」

アースワームモンは死んだ!

ギロモン「次はてめぇの番だぜ!」

ゴカブ「!?」

ガシンガシン!!ガシューン!!

ハハハ・・・・・。

事故で体が機械になった・・・・・。

ハハハ・・・・・。

何故かギガデストロイヤーが出る・・・・。

ハハハ・・・・・。

ウォーだいだいだいすきの事!

なんか死ぬとか言ってるし・・・・・・・・。

・・・・・・でも死ねないのが人間・・・・・・・。

死ねといわれて死ぬんじゃ荒らしの頭と同じ・・・・・・・。

殺したいと思い殺すんじゃ荒らし以下・・・・・・。

自分の心が弱い奴・・・・・・。
 
強い奴・・・・・・。

みんながいるから生きていける・・・・・・。

・・・・・・そういうこと・・・・・・。

・・・デジモンに関係ねえな、すまんかった・・・・・・。

ONE PIECE

バギー「はぁはぁはぁ・・・・・」
サンジ「あっ!?バギーの野郎鼻くそほじってるぞ!!!」
バギー「あああっ!?誰にも言わないでくれ!!!」
サンジ「ならてめぇら一生俺達の前に現れるなよ!!!」
バギー「ち・・・・畜生!!!」
感想プリーズ!!!

JOJOの奇妙な大冒険

*5*

あらすじ
スタンド使いになったジョンに世界征服を手伝えと言ったGAI!
なんとGAIはミミをさらっていた!!

ジョン「・・・・・・・・・・・・」

ヒカリ「ちょ、ちょっと!! 待って!! ジョン君!!」

ジョン「・・・・・・・・・」

ここは空港・・・・・・。

ジョンはGAIの跡を追うため、アメリカに帰ろうとしていた!

ヒカリ「待ってジョン君! あなた1人じゃ無理よ!!」

ジョン「いいや!! 俺は行く!!」

ジョンがヒカリを払いのけたときだった・・・・・。

???「チョットマチナ!!!」

ジョン「!!!!」

ジョンの前に髪が緑で、やや黒の制服を着て男が現れた!!!

花京院「我が名は花京院 攻次(かきょういん こうじ)!!!
     ジョン=ジョリアスだな?!!」
 
ジョン「・・・・・・・お前・・・・・・」 

花京院「悪いが貴様には死んでもらう!!!」
 
ジョン「なにーーー!!!!!」

花京院「出ろ!! ゴールドフィンガー!!!」

すると花京院からガンマン姿のスタンドが出た!!!

ジョン「やっぱりか・・・・・。 いいだろう!!
    ファイヤーグリーーン!!!!」
 
体のところどころに鎖がからみついているスタンドが出た!!

ジョン「行くぜ!!!!」

花京院「おお!!!」

花京院とジョンは走った!!!!

花京院「くらえ!! マシンガンベノム!!」

G.F「ウロオオオオオオオオオオ!!!!!!」 

どこからかマシンガンを出し、撃ってきた!!

ジョン「なにーーー!!!!」 

ジョンに向かい弾が飛んでくる!!!!  

ジョン「しかーーし!!」

F.G「オララララララララララララ!!!!!!!!」

F・Gが弾丸を全て吹っ飛ばす!!!!!!

花京院「な!!」

ジョン「ウオオオオオオオ!!!!!!」

ジョンがつっこんで来る!!!!

花京院「だが!! 私の敵ではない!!!」

ドドドドドドドドドドドドド!!!!!!

ジョン「!!!
    なにーー!!!!!」
 
全方向からさっきの弾丸が飛んできた!!!! 

*6*

あらすじ
日本に来てスタンド能力が目覚めたジョン・・・・・・・。
そのスタンドで世界を支配しようとするGAI・・・・・・・。
ジョンはGAIにさらわれたミミを助けるため、空港へ・・・・。 
しかしそこで刺客の花京院とバトル!!!
しかしジョンのスタンドに敗れる・・・・・・・・・・・。

G.F・・・・グリーンファイヤー(ジョン)

G.Fi・・・・ゴールドフィンガー(花京院)

 
GAI「それが貴様の能力か・・・・・・・」

ジョン「!!!」

ジョンが振り返ると、GAIがいた!!

ジョン「お前!! ミミは!!」

GAI「あいつか・・・?
     ・・・私の家だ・・・・」

ジョン「どかだときいている!!!」

ジョンはG.Fを出した!!!

GAI「無駄だ!!」

GAIもR.T(レッドターゲット)を出した!!!

G.F「オララララララララララララア!!!!!!!!!!」

R.T「無駄無駄無駄無駄無駄無駄!!!!!!!」

ドドドドドドドドドドドドド!!!!!!!

ラッシュの比べだ!!

ジョン「お前は許さん!!」

G.F「オラアア!!!!!」

G.FのパンチがGAIの顔に迫る!!!

GAI「油断したから当たったのだよ・・・・・・」

ジョン「?!!」

R.T「時は狂う!!!

!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

時が止まった・・・・・・・・・・・。

GAI「これが私の能力・・・・・・・・・・。
     時は狂い貴様は最初の位置に戻る・・・・・・・」

GAIがそう言うと、ジョンがまるでビデオで巻き戻すように動く・・・・・・・・。 

!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

ジョン「は!!!」

ジョンは自分が最初の位置に居るので驚いた!!!!!!

GAI「まだ君は成長する・・・・・・・・。
     私はそれまで待とう・・・・・・・・・・・」

それだけ言うと、GAIは消えた・・・・・・・・・・・・・。
 
ジョン「・・・・・・・・」

しばらくしてジョンは床を殴った・・・・・・・・・

*6*

あらすじ
ジョンはスタンド能力で世界を支配しているGAIの野望を
打ち砕くため・・・・。さらわれたミミを救うため・・・・・・。
空港へ行ったが、刺客に襲われる!!
しかしジョンのスタンドの力は強く、あっという間に倒す!!
しかしそこで再びGAIに会い、力の差を知る・・・・。

ジョン「・・・・・・・・・。
    ひとまずよかった・・・・・・・・」 

ジョンは一安心した・・・・・・・・・・。

ジョン「あいつ・・・・・・・。
     勘違いしてくれてたらうれしいが・・・・・・・」

ジョンは電話に向かい歩いた・・・・・・・。

ジョン「ひとまず僕の能力を知られなかった・・・・・・・・」

ジョンは電話の受話器を耳に当て、ヒカリの居る床を見た・・・・。

そこは何の変わりない床があった・・・・・・・・。

ジョン「僕の能力・・・・・・・・・。
    *物を違う物に変える*能力・・・・・・・・」

ジョンは119番し、救急車を呼んだ・・・・・・・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

ジョン「しかし・・・・・・・・。
     困った・・・・・・」

ジョンは壊れたオフィスを見回した・・・・・・・・・・。

???「う、うう・・・・・・・・」

声がしたので見てみると、花京院だ!

花京院「・・・・・・き、君は・・・・・・・・・。
     僕・・・・・・・・・」

ジョン「動くな・・・・・・・・・。
     傷が大きくなる・・・・・・・・・」

ジョンは花京院に近づいた・・・・・・・・・・・。

花京院「どうやら君が助けてくれたようだな・・・・・・・・・。
     僕としたことが・・・・・・・・」

ジョン「喋るな、って言ったろ・・・・・・・・」 

花京院「・・・・・・・・・・・・・・。
     君はGAIを追っているんだろ・・・・・・・・・。
     ・・・・ぼ、僕も仲間にしてくれ・・・・・・・・」 

ジョン「・・・・・・・・・・・・・。
     傷をなおしてからな・・・・・・・・・・・」
 
花京院「・・・・・・・・ありがとう・・・・・・・・。
     ・・・・・・・・・」

花京院がそういったとき、救急車の音がした・・・・・・・・。

ジョン「・・・・やれやれ・・・・・・・」

ジョンはリュックからあの帽子・・・・・・・・・・・。

歴代のJOJOの帽子をかぶった・・・・・・・・・・。

感想おくんなさい!!!

「笑う犬」を見ながら書きました・・・・・・・・。

第5話「星に願いを・・・*1」 

あらすじ 
ジョンはさらわれたミミを・・・・・。
野望を打ち砕くため、GAIを追うために空港へ・・・・・・。
そこであやつられた花京院に襲われるが、その力で助ける・・・・。

ブウオオオオオオオ!!!!

ジョンを乗せたタクシーはある場所に向かい進んだ・・・・・・。

ジョン「ん!
    あれか・・・・・」
 
ジョンのタクシーはある家の前に止まった・・・・・・。

ジョン「ここが・・・・・。
    空条さんの家・・・・・・・・」 

ジョンは花京院に言われた名前を思い出す・・・・・・・・。

ジョン「くうじょう じょうたろう?」

ジョンはベットに寝ている花京院に言った。

花京院「ああ・・・・・・・。
    彼ならきっと何か教えてくれる・・・・」

花京院は何もない天井に体を向け、言った。

ジョン「・・・・・・・・・なぜ?」

ジョンは花京院に訊いた・・・・。

花京院「彼が・・・・・・。
     僕にスタンド能力をくれたんだ・・・・・・」

花京院はそう言うと、せきをした。

ジョン「分かった・・・・・・・」

ピンポーーン!

ジョンは玄関のチャイムを鳴らした・・・・・。

メイド「はい・・・・・。
    どちら様で・・・・?」

ややかすれた声が返ってきた。

ジョン「弓・・・・・」

メイド「・・・・・・・・・・。
    分かりました・・・・・・・。
    どうぞ・・・・・」

通話が切れ、玄関が開いた・・・・・・。

ジョンはためらいなく進む・・・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・。

メイド「こちらです・・・・・」

ややふけてはいたが、はっきりとしたメイドが言った・・・・。

メイド「だんな様・・・・・」

???「入れろ・・・・・・」

メイドがこちらを向き、礼をすると、さっさと行った・・・・・。

ガチャ!

ドアをあけ中に入ると、部屋の中心の机に男が座っていた・・・・。

条太郎「よく来た・・・・・。
    花京院からいろいろ聞いている・・・・・。
    空条 条太郎だ・・・・」

条太郎は動かずに言った・・・・・。

ジョン「ジョン=ジョリアスです・・・・」

ジョンも動かずに言った・・・・。

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ・・・・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・。

ミステリー小説!第1回!

カツどんだぜ!今日から1日1回ミステリー小説書くぜ!

感想ヨロシク!

なお・・・登場人物はオリキャラです!

母「はやくおきなさい!」

まもる「はーい・・・」

母「早く学校行きなさい!」

まもる「なんだよ!うるさいなぁ・・・」

母「あら・・・ボタモンちゃんおなかがすいたの?」

この世界ではデジモンがペットとして人気!

まもる「いいよなぁ・・・デジモンはかわいがられて・・・」

夕方

母「ボタモンちゃん!お部屋の掃除してあげるわ!」

まもる「ただいまぁ!」

母「早く宿題終わらせなさい!」

まもる「デジモンはいいなぁ・・・かわいがられて!部屋も掃除してもらって!なんにもしなくてもいいし・・・」

母「ボタモンちゃん!ちょっとでておいで!」

まもる「なんだよ!えいぃ!(ボタモンを殴った)」

バシーン!

まもる「べんきょうでもなんでもしてやる!(部屋に行った)」

翌日

まもる「ふゎぁ!よく寝た!」

あたりを見回すと新聞のゆかだ・・・

まもる「なんだここ?」

母「まもる!おかえりなさい!」

まもる「母さん・・・でかい?」

謎の少年「ただいま!ボタモン元気か?」

まもるの体はみるみるうちにぼたもんになっていく!

まもる「なんだ?うわぁぁぁ!!!」

まもるはボタモンになってしまった

謎の少年「にや・・・」

終わり!

どうっすか?おもしろいっすか?感想ください!

究極進化

あ究グモン究極進化だ